がれーぢブログ

自宅ガレージより、基本ポジティブな話題や誰かの役に立ちそうな事を発信します。

自宅のWi-Fiが弱い時にはコレ。無線LAN中継器

 
f:id:taiyaboss:20170929043640j:plain
 
こんにちは。重度のネット依存モンスターの『ぼす』です。
 
ストレスなくインターネットつながってますか?
 
あなたは無線LAN中継器ってご存知ですか?
 
私はつい最近まで知らなかったです。
 
 
今回は、無線LAN中継器を取り付けて、「今までの悩みは何だったんだ!ってぐらい電波状況が改善して、感動したので、私と同じように悩んでいる方は最後まで読んでってください
 
 
私の家は、1階と2階では、まったくWi-Fiの電波状況が違います。モデムルーターは2階の角部屋に置いてあります。
 
だから、当然1階のほとんどの部屋ではスマホの電波のマークが2本ぐらいしか表示されてません。
 
 
電波が弱いなと思いつつも、普通にウェブサイト見たり、ゲームしたり出来てたんで、そこまでストレスは感じてなかったんですが、最近、3歳の息子にタブレットで、YouTubeの子供向けの動画とか、見せるようになってしまったんですよ。
 

いろいろ対策を考える。 

で、息子がYouTubeにハマりだしたもんだから、結構観たがるんだけど、目が悪くならないように時間を決めて見せてはいます。
 
 
基本的には1階のリビングで見せてるんですけど、しばらく静かに観てたと思ったら、急に、「観れん~。始まらん~。」って半ベソで怒りだします。
 
 
確認してみると、確かにしょっちゅうフリーズしてます。電波マークは1本、良くて一瞬2本あるぐらい。しまいにはWi-Fi切断されてLTEに接続されます。
 
 
Wi-Fi環境じゃない所でYouTubeなどの動画を観ると、当然通信データがはねあがります。私の家は、私のスマホと妻のスマホタブレットの3台でパケット定額のたったの5GBをシェアしています。
 
 
今までは5GBでも足りてたんですが、息子にYouTube見せるようになったら、早々と定額上限に達してしまって、「これはヤバイ!なんとかせねば。」と思うようになりました。
 
 
で、私がまず検討した事は、
その① 家のなかでもなるべく中心にWi-Fiルータを設置する。
 
 
「・・・アカン⤵。我が家は中心に階段やないですか。」置く場所が無い❗それに万が一、階段の壁掛け設置にしたとしても、距離がありすぎてケーブル這わすの面倒くさ❕
なので無し。
 
 
その② 1階にWi-Fiルーターを置いてみる
 
 
「・・・アカン⤵。何処にも光ケーブルの挿し込みが見当たらん❗」なんで2階の角部屋だけやねん?❗(そもそも無線LANの電波って真横と下に向かって広がる特性らしい。)
だから、やっぱし1階に設置は無し。
 
 
その③ コンセントLAN(PLC)なる物を発見
 
コンセントLAN(PLC)ってのはモデム兼ルータとLANケーブルで接続して、すぐ近くのコンセントに挿し込むだけで、家中の配線がLANケーブルになるイメージ。
 
家中の電波弱い部屋のコンセントにLANケーブルで有線接続出来ます。一瞬、「おっ?これはいいんじゃない」と思ったけど、私がしたいのは無線LAN接続。タブレットだしね。  なので、これも無し。
 
 
「ドラえも~ん( ノД`)…なんかいい道具出してよー」って言いたい・・・💧
そして、私の心の声が届いたのか・・・    
 
 
その④ 無線LAN中継器なる物を知る。
 
 
「なになに?WPSボタン押して設定出来たら、使いたい部屋のコンセントに差すだけ。」・・・⁉めっちゃ簡単やん❗ワイの求めとるモンはこれやんけ‼
 
 
で、調べていくと、電波の周波数の対応規格やら、なんか、素人にはようわからん数値化された情報で、いろんな製品があり、値段も3000円位から、ウン万円のも有ります。
 
 
なんもわからんまま、値段で決めてしまいそうになりますが、今、使用している無線LAN親機対応規格を確認して、使用者のレビューやら見て、一番コストパフォーマンスの良さそうな、TP-LINKってメーカーのRE200という3000円位の物を選びました。

 

TP-Link WIFI 無線LAN 中継器 11ac/n/a/g/b 433+300Mbps 11ac対応 3年保証 RE200

TP-Link WIFI 無線LAN 中継器 11ac/n/a/g/b 433+300Mbps 11ac対応 3年保証 RE200

 

 

 
3000円位なら、これで電波状況が改善しなくても、「まあ、やっぱりこんなもんか。」と、あきらめれるしね。
 
 
そして、届いた品物はとってもコンパクトスマホよりも小さいです
 f:id:taiyaboss:20170929043007j:plain
これが届いた商品です。
 
 
さっそく取扱説明書を読んで、設定します。
実際の設定はほんとに一瞬で終わります。ルーター親機と無線LAN中継器の設定ボタンを、何秒間か押して設定完了のランプがつくのを確したら、設定できてます。
 
 
あとはWi-Fiの入らない、もしくは弱くて届いていなかった部屋に設置するだけです。
 
どうですか?簡単でしょう?
 
 
これはWi-Fi Analyzer』とゆうスマートフォンアプリスクリーンショットです。
 
このpr500m-から始まる英数字の電波のお山が、我が家のWi-Fiです。
 f:id:taiyaboss:20170929043147p:plain
設置前と、
 
f:id:taiyaboss:20170929043241p:plain 
設置後。
 
もう、格段にちがいます。電波とぎれません。もう、すんばらしいです。
 
こんなに変わるなら、もっと早く無線LAN中継器を知ってれば良かった。
 
しかも3000円くらいだしね。十分すぎですよ。
 
あとは耐久性ですね。
 
 
私のように無線LAN中継器の存在を知らなかった人。
いいですよこれ。
 
 
ではでは。良い電波環境でネットサーフィン楽しんでくださいね。
 
最後まで読んで頂きありがとうございました。