がれーぢブログ

自宅ガレージより、基本ポジティブな話題や誰かの役に立ちそうな事を発信します。

タイヤは溝があればOK?いいえタイヤは劣化すると危険です!

f:id:taiyaboss:20170927165356p:plain




こんにちは。がれーぢブロガーの『ぼす』です。


秋晴れの空。

バイクに素早くとび乗って走り出したいいい季節です。

と・こ・ろ・で・

走り出したい気分ですが、うんこうまえてんけん
してますか。      💩💩💩¬(゜ー゜)(。_。)



運行前点検は車両を乗る人の義務です。
確か自動車学校でも習ったハズ。


まあ、えらそうに言っておきながら私も出来てませんけどね。ささっと見て、終わり。


しかし、乗り出す前に車両をチェックする事はとても重要で、よけいな事故をおこすのを未然に防げます!
いいですか、大切な事なのでもう一回言いますよ。


よけいな事故を防げます‼


バイクという乗り物は体がむき出しです。安全の為にヘルメットグローブ脊椎パット入りのプロテクターぐらいは最低限の装備です。当たり前ですが、誰でも、転倒はしたくないです。


でも、装備に気を使っていても、た・い・や、には無関心って事ないですか?


「タイヤは溝が在れば大丈夫だろう。」と思ったあなたはヤバいです。
タイヤは年数がたてば劣化するんです。
釘などの異物が刺さっている事もあります。


通常、タイヤは新品の状態よりも、タイヤのかわむきが終わった後から、徐々にグリップ力を発揮してくれます。
そして、走行距離が増えるにしたがってタイヤの使えるオイシイところが減っていきます。


毎回、定期的に乗れていればあんまり心配する必要はないですよね。

しかし、何年も長期放置してあったようなバイクのタイヤはひび割れていたり、ゴムそのものの弾力が無くなって、プラスチックみたいにカチカチになっていたりします。


こういった古いタイヤでバンクさせると、雨の日なんかは滑ります。また、ひび割れたところから空気が漏れて、パンクしたりします。


同様に、釘などの異物は走行中に徐々にタイヤにめり込んでいき、気づかないうちに少しずつ空気が抜けていったりします。


走行中のパンクはリヤタイヤならまだ制御しやすいですが、フロントタイヤがパンクするとハンドルが重たくなり、行きたい方向に曲がりにくくなります。

まがらネェ❗((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


いっきに空気が抜けた場合最悪、転倒です。

なので、タイヤは前輪後輪も、グルッと一周点検してください。センタースタンド付きの車両であれば、後輪のチェックは簡単です。ひとりで点検できます。


メンテナンススタンドを持っていない。サイドスタンドしか無い場合のタイヤの点検は誰かにバイクをゆっくり押してもらって回転させながらチェックしましょう。


タイヤが古いかわからないという方は、タイヤのこの部分の数字製造年月がわかります。(4ケタの数字)

f:id:taiyaboss:20170928052046j:plain

右側が製造年、左側が何週目を表します。なのでこのタイヤの場合は、2007年の第16週目に製造したことがわかります。


浮き文字で、大きめの数字で書いてあったりするのはタイヤサイズの表記ですので間違えないでください。
(120/70-17とかの数字)


あと、パンクにはタイヤとホイールの合わせ面から空気が漏れる場合や、空気を入れるエアバルブからも漏れる事があります。エアバルブ亀裂が入ってないかチェックしましょう。


古いタイヤを交換する場合はエアバルブも古くなっているので、同時に交換した方が安心です。
ホイールを地面から浮かせた状態で点検できるのであれば、タイヤを点検するときに同時にホイールもチェックするのがお勧めです。


ホイールが歪んでないかやホイールベアリングにガタが出てないか、ホイールに付いていたバランスウェイトが無くなっていないか。
スポークホイールならスポークが折れていないか、緩んでいないか。などです(バランスウェイトに関しては新車はついていない場合がほとんどです。)


あと、ブレーキディスクローターが歪んでないか、なども同時にチェック出来ます。



f:id:taiyaboss:20170928052143j:plain
タイヤの空気圧チェックも大切です。タイヤの空気圧というのは実はパンクしていなくても微量に減っていってます。半年ぐらい乗らないで空気圧を測ると減っていることがわかると思います。最低でも1か月に一回ぐらいは空気圧のチェックをおすすめします。



走行中のバイクのタイヤが地面と接している面積は、あなたがバイクのシートにのっけてるお尻の面積より小さいのです。
この小さな面積に命を預けています。タイヤの性能を過信する事も、事故につながります。



みなさん。どうか安全運転で気をつけて行ってらっしゃい。