がれーぢブログ

自宅ガレージより、基本ポジティブな話題や誰かの役に立ちそうな事を発信します。

めんどくさいバイクのチェーン清掃が、とっても楽になる新常識!

f:id:taiyaboss:20171002175705p:plain
こんにちは。がれーぢブロガーの『ぼす』です。



『新常識!』ってタイトルおおげさなんですが、まあ、簡単なんです。その方法はこれ!



エスで拭いてスプレー「しゅっしゅ!」です。

以上!チェーンメンテおわり!



「は?」「そんなんでわかるわけねーだろ!」
って思いましたよね。




ご安心ください。そんな投げやりな説明で終わらないです。ちゃんと、解説いたしますよ。(^ー^)




とっても簡単な、チェーン清掃、給油のやり方。



その① チェーンを温める。
その② ウエスで汚れを拭き取る。
その③ スプレータイプのチェーングリスを注す。



まず、①チェーンを温めるってどうやって?って思いますが、これは走って来てチェーンを温めます。
走行後すぐにチェーンを触ると摩擦熱であついはずです。②温かいうちにウエスで拭き取れば簡単に汚れが取れます。③スプレータイプのチェーングリスを給油する。



ただし、この方法は汚れが軽度のものに限られます。




汚れがひどい重度のものはチェーン清掃用のブラシ(古い歯ブラシでもいい。)とチェーンクリーナーを使って汚れを落としてください。



飛び散り防止のための新聞紙やいらないウエス等を用意しておきましょう。ペットシートを使っている方もいるみたいですよ。



気を付けないといけないのは、シールタイプのチェーンには間違えて、パーツクリーナーは使わないでください。



パーツクリーナーは揮発性が高いため、シールタイプのチェーンのシールを傷めます。シールゴムが切れたり、飛び出したりします。


チェーンクリーナーを使って汚れをある程度浮かせたら、チェーンにみずをかけて洗い流してもOKです。充分に乾燥させれば、問題ありません。チェーンクリーナーだけでキレイにしようと思ったら、何本あっても足りません(笑)



また、チェーンクリーナー自体も浸透するので、充分に乾かしてから、チェーングリスを吹き付けて下さい。



充分に乾燥してないうちに、チェーングリスを吹き付けても、浸透していたチェーンクリーナーによって溶かされて、せっかく吹き付けたチェーングリスが飛び散ります。



また、チェーングリスの吹き付けにもポイントがあります。やみくもにチェーン全体に吹き付けても、べとべとになるだけで飛び散りの原因になるので、必要最低量、リヤタイヤを回しながら、チェーンのローラー部分とシール部分に吹き付ければ問題ないです。



チェーンの清掃は汚れが飛び散るので自分ではやらない人が結構いますが、清掃しないとチェーンについたゴミや水分、塩分などでサビが発生します.




錆びたチェーンのまま乗り続けると最悪の場合、走行中にチェーンが切れて、フロントスプロケットとジェネレーターカバーなどの間にかみこんで、カバーが割れたりします。また、走行中にチェーンが切れて、後続のツーリング仲間に当たり死亡してしまった話も聞いたことがあります。


極端に錆び付いたチェーンや固着してしまったチェーン、完全に伸びきって、調整しろが無くなってしまったチェーンは即交換です。



チェーンだけでなく、スプロケットも極端に尖って磨耗したものは即交換しましょう。



チェーンの調整 (私のXR100モタードの場合)
f:id:taiyaboss:20171002182613j:plain

チェーンの張り具合は、ゆるすぎず、張りすぎず、適切な調整が不可欠です。





まとめ


チェーンは汚れやサビがひどくなる前に、毎回走行後に清掃や給油のメンテナンスをしておけば、大変な思いをして、汚れやサビを「ゴシゴシ」しなくて済みます。

めんどうだけど、毎回清掃するほうが楽になります。放置して、気がついた時には手遅れな状態にならないように、意識してチェーンの点検をしましょう。