がれーぢブログ

自宅ガレージより、基本ポジティブな話題や誰かの役に立ちそうな事を発信します。

KLX復活

新年明けましておめでとうございます。

がれーぢブログ管理人の『ぼす』です。

12月と1月はまったく記事更新してませんでした。

記事ネタは有るんですが、仕事で疲れて寝てしまったり、パソコン開いてもなんか書く気が起きずにズルズルとしてしまいました。


今後の自分の仕事と言うか、働き方について物凄く考えていた年末でして、いろいろ友人などにも相談しに行ったり、読書に集中していたりと、生産的な事はあまりせずに情報収集に時間を使ってました。


パソコン開いてもYouTube見たり、ツイッターしたり・・・言い訳じゃないけど、ブログ書く気が起きなかったんですよね。


こんなマイペースでブログ更新して申し訳ありません
私の弱小ブログに来てくれてる人には、感謝しかありません!!


バイク関連メインのブログと言ってる以上、バイクネタ8割ぐらいで残り2割ぐらいを、それ以外のネタに出来たらと考えております。


と、言うわけで、年末から~の現在まで、過去に乗っていたKLX250SR(モタード仕様)を少しずつコツコツと復活に向けて作業しておりました。

f:id:taiyaboss:20180106160250j:plain


復活するって大変?


私のKLX250なんですが、息子が生まれる前の年に乗ったのが最後なんで、約5年前になります。

実家の納屋の中に猫が乗るの防止するために、自転車ハウス置いてあって、その中に保管しています。

元々ウイリー練習用に購入して、最初の1年だけは登録して、ナンバー付けてましたが、ウイリー練習にしか使わないので登録やめて、トランポして運んでました。

最後に乗って保管する時にキャブレターのガソリンは抜いてあって、ガソリンタンクは空でも満タンでも無い、半分位の量でした。

そして、この前、久々に様子を見に行ってガソリンタンクを覗いたら!?

腐った臭いがあ、あ、あ、あ~(*´∇`*)

あ、ちなみにガソリンは腐ります。
関連記事はコチラ。
www.garage-blogger.com




この腐ったガソリンを何とか全部抜き出して、実家の農機具の廃油やら溜めてある缶カンの中へ。
(廃油処理パックでもOK)


ガソリンタンクは中に錆が出ていて、『花咲か爺さん』を使って何とか見える範囲は錆が落ちました。

花咲かG タンククリーナー 00011772

花咲かG タンククリーナー 00011772



ガソリンタンクは洗浄、乾燥してなんとか使える状態になり、不安はガソリンコック・・・
固着しているのでは?と、恐る恐るコックのツマミをそ~っと回してみ・る・と!?

あれ?拍子抜けするぐらいスムーズに動いたやんけ。
あとはコックのパッキンが大丈夫かやな・・・。


ちなみにガソリンコックからキャブレターの間に、念のため、フューエルフィルターを取り付けました。
ペーパーろ過タイプなのである程度細かい錆もガードしてくれる頼もしい奴です。



肝心のキャブレターは?
そうです。バイクの心臓とも呼ばれるこの部品。
f:id:taiyaboss:20180106170204j:plain

5年間放置。ガソリンコックOFF。キャブレターのフロート室のガソリンは空っぽ。と言う事は・・・
ジェット類は詰まってないはず・・・

一応、フロート室開けて確認しました。
完璧、キレイな状態。
念のため、パーツクリーナーを通路の穴に吹き付けて確認して、エアブローして、新品のフロートチャンバーガスケットに交換。

f:id:taiyaboss:20180201231609j:plain


そして元通りに組み付けていき、ガソリンがフロート室からオーバーフローしないか確認して、キャブレターを取り付けました。


エンジンオイルも、さすがに5年前のは劣化しているので、新しいエンジンオイルに交換しました。




KLX250SRの復活記録は次回は塗装編かな?