がれーぢブロガー

底辺整備士のブログ【雑記ブログで収益化したら底辺整備士でも生活が楽になるのか?】に挑戦中!

宝くじは税金の勉強をしてないカモ達の為にある情弱商品なんですよ。

f:id:taiyaboss:20181108221921j:plain

こんにちは。底辺をいまだに抜け出せない底辺整備士のぼすです。

 

今年もあと残り2ヶ月を切りましたが、この時期になると、日本では年賀状の準備をしたり、今年やり残したことがないか振り返ったりと忙しいのではないでしょうか?

 

年末が近くなると毎年テレビでバンバンCMするのが、『年末ジャンボ宝くじ』ですよね。

毎年購入して新年は良い年になるように夢を見たいと言う人も多いはずです。

 

当たれば人生が逆転するのが宝くじですが、私達庶民の大事なお金を払って購入する宝くじって実は『情報弱者から搾取する税金』なんですよね。

 

こんなことを書くと、宝くじ肯定派の人達は「いやいや、ちょっとまて、当たればデカイし、自分の意思で買ってるし騙されてなんかないよ!」

と言うことでしょう。

 

『そんな事はない。』

『私は騙されてない。』

『当たればデカイし、いいじゃん!』

この思考が当てはまるあなたは残念ですが、お金の勉強が足りませんので、見事に洗脳されてます。

 

私の言う事に聞く耳を持たない人はここでこのページを閉じてくれて結構です。

ここから先は『宝くじの真実』を知りたい人だけ読んでください。

 

宝くじの還元率知ってますか?

 

日本の宝くじの還元率は大体50%程度です。これは法律によって50%を越えてはいけないと決まっており、その理由はギャンブル性が高くなってはいけない為だと言われています。

還元率が50%とは、例えば10000円分宝くじを購入すると、その収益の半分の5000円で宝くじを宣伝する広告費や地方公共団体に使われて、のこりの半分の5000円を購入した人達で分け与える仕組みです。

「50%も当たる確率があるなら買うじゃん!」

と思った人はアホすぎです。

還元率と当選確率は別物です。

還元率は宝くじ購入者皆に再分配できるお金のことを指しています。

 

例えば宝くじ購入者が毎回2000万人いるとしまして、2000万人から集まったお金が400億円あるとしましょう。

 

半分の200億円は地方公共団体に分配している・ら・し・い・です。

残りの半分の200億円の内訳はこんな感じになります。(公表の還元率通りならね。)

2017年の年末ジャンボが1等7億円が25本でしたので、7億✖25本で175億円残り25億円の内で前後賞が1.5億円やら2等が1000万円やら(以下省略)ですね。

 

当選する金額だけを見ていると25本も1等が出るなら当たる気がしてワクワクしてきませんか?(笑)

 

今すぐにでも宝くじ売場に走り出しそうですが、ちょっと待ってください。

 

実際のところ1等が25本も毎年出ているんでしょうか?

宝くじが当たったなんて誰も言わないし、売場から高額当選が出たと言われても、実際に誰が当たったかなんてわからないので、確めようもありませんよね。

 

宝くじはパチンコや競輪より期待値が低い

実際のところ日本の宝くじの1等の当選確率は2000万分の1しかないと言われています。

 

貧乏人どうしで宝くじ(国と言う胴元)に半分寄付して、残りの半分を貧乏人どうしで『格差がつくように分け与える』(当たらない人が大半)の、カイジのような運試しマネーゲームのような仕組みなんですよね。

 

例えばですけど、返礼品も無く税金の控除も無いふるさと納税なんて誰もしないと思いませんか?

 

宝くじは高額が極めて低い確率で還元されるかもしれないふるさと納税みたいなもんです。

(節税にはなりませんが…笑)

 

宝くじが投資だと言う人もいるかもしれませんが、自分に返ってくる確率が極めて低いものに情報弱者の低収入低所得者達はお金を払っているのが事実です。

 

参考までに書いておきますが、競馬や競艇、競輪などの公営ギャンブルの還元率が75%ぐらいで、パチンコ、スロットなどの遊技場が80%ぐらいの還元率です。

 

競馬やパチンコやスロットよりもさらに期待値の低いギャンブル性の高い(ギャンブルにもならない)ものを、お金の知識の無い人たちが、わざわざ並んで買っているのを見ると、教えてあげたくなりますが、『夢を買ってるし』と言う人達は自分にそう言い聞かせて、余剰資金で楽しんで納得して幸せなら何も言えません。

 

宝くじは投資ではなく投機です

「宝くじは納得して投資しているんだ!」という人もいるかもしれませんが、宝くじは投資ではありません。投機です!

それもかなりの確率でお金を捨てることになる投機です。

 

『金の斧、銀の斧』のお話しがありますが、正直者がウソをつかずに申告すれば、女神様に金の斧も銀の斧も貰える話でしたよね。

それを見てウソをついて真似をした欲望丸出しの人は何ももらえなかった……という…

 

実際には金の斧(宝くじの高額当選)を目当てに、お池に普通の斧を落としても(宝くじを購入しても)女神様は気分次第で微笑みます。

正直者だろうが悪者だろうが等しく搾取して、貧乏人のわずかなタネ銭すら巻き上げていきます。

 

ですので、宝くじは投資ではなくギャンブル性の高い投機ですので『投棄』しないように注意しましょう。

 

夢を見るより現実を見ろ。