がれーぢブロガー

底辺整備士のブログ【雑記ブログで収益化したら底辺整備士でも生活が楽になるのか?】に挑戦中!

100万円貯めるにはどうするか?

f:id:taiyaboss:20181107230725p:plain

 

 

 

 

1年間で100万円貯める方法は?

1年間で100万円貯める具体的な方法は『固定費の見直し』と、『収入を増やす』です。

当たり前の事すぎて普通すぎる。と思うかも知れませんが、知っているだけでは何も変わりません。

 

実際に家賃や無駄な保険代を見直したり、毎月のスマホ代の契約を格安SIMに変更したりと、実際に行動してやってみるのとでは、まったく違うことです。

 

 

節約して空いた時間で収入を増やす

1年間で100万円貯めたいと思ったら、1ヶ月あたりの貯金額は約8.3万円ですね。

では、1日あたりの貯金額にしてみると、約2740円になるわけです。

 

例えば一般的な成人男性サラリーマンの場合で考えてみると、タバコをやめる、晩酌のビールをやめる、毎週末の飲み会をやめるとします。

・タバコが現在、1箱約500円位として、1日に1箱消費するとします。

・缶ビールが1本200円位ですか?

1日に2本は飲んでるとして400円

・毎週末飲み会に行く飲み代が2500円とします。1年間の飲み代はだいたい130000円になり、1日あたりだと356円

これでやっと1256円になりますね。しかしまだ1484円を捻出しなければいけません。

どうするか?

注目するのは、飲み会の時間。

毎週末の飲み会に使う時間がなくなるのでその時間で副業をする。

会社が副業禁止ではないなら、短発のお仕事を週末の空いた時間にやるのもオススメです。

 

この登録無料の短期バイト・単発アルバイト探しなら【ショットワークス】なら短発1日限りのお仕事を探したりできます。

 

もしくは会社で毎日残業する方が得意な人は頑張って残業するのもありですね。(私には無理ですけど…)

(時給換算で1484円分残業して働く。)

 

 

100万円貯まったら欲しいものを買う?ちょっと待て。

収入アップや節約でお金を貯めたら、そのお金を買いたいものに消費(浪費)するのもいいですが、そのお金を元本にして投資で稼ぐことをオススメします。

 

と言うか、オススメと言うより投資に回して、収入を増やす(複利の効果)を利用していかないと、いつまで経っても『貧乏父さん』のままです。

 

貧乏父さんの私は正直、お金の勉強をしてこなかったので、「学資保険」という商品を契約してしまいました。

 

しかし、イケハヤさんが言うように、学資保険は返戻率にもよりますが、子供がだいたい成人するまで(18年~20年)積み立てて、よくて10%増えるかな?というレベル。(実際のところ10%も増えない。)

 

完全ロボアドバイザーの投資信託の

WealthNavi(ウェルスナビ)| ロボアドバイザーで全自動の資産運用なら、投資元本10万円から投資できます。1年間運用したら、だいたい10%位のプラスになると言うデータが出ている人もいます。

 

 

 

【2018.10/7追記】学資保険解約しました!

学資保険解約したら、積み立てた額より約70000円マイナスでした( ;∀;)

しかし、目先の利益がマイナスな事より、長い目でみて長期の資産運用にお金を回した方がお金は増えていく確率は高いので、楽天証券の口座も開設しました。

 

 

学資保険は生命保険と投資信託が合体した、中途半端な商品である。

貯金するよりは利息が付くみたいだしなあ?と、学資保険が必要か迷っている人もいるかもしれませんが、私の結論は『必要なし!』です。

 

投資は投資。保険は保険。と分けて考えないと保険屋にいいように騙されます。保険は最低限の掛け捨ての生命保険でじゅうぶんです。

 

 

そもそも論、大学行くの必要か?

そもそもなぜ大学に行かせなならんのか?

今は、「とりあえず大学は出とけ。」と言う時代でもないと私は考えます。

 

生きていく為にはお金が必要なのに、学校ではお金のことを教えてくれません。

資本主義の日本では、労働者はマネーリテラシーが無いと、いつまででも搾取されて人生が終わるだけです。

 

 

親が望む子供の幸せとは?

 

子供が望む自分らしく楽しく生きれる人生とは?

 

いろいろと考えさせられます。