がれーぢブロガー

バイク、車、建設機械を経験した整備士が個人事業始めました。ブログ内容はメンテナンスや修理方法や個人で稼いでいく方法について書いています。。

パワステオイルは交換する必要があるのか?【結論】効果は感じません。

 

パワステオイルって以外と気にならないことが多いようで、気がついたときにはすでにパワステオイルが真っ黒な色してるなんてことがあったりします。

 

まさに自分のステップワゴンも、そうでして最近ハンドルを目一杯切ったときに『ウィーン』という異音がエンジンルームから聞こえ出してきて、「これはイカン!パワステポンプが壊れる前兆か?!」となりました。

 

しかし、パワステポンプなんていつのタイミングで、ぶっ壊れるか解らないので放置して置いてもよいのですが、何もしないのも気分的に嫌なので、とりあえずパワステオイルは交換しておくことにしました。

 

パワステオイルは交換する必要があるのか?

f:id:taiyaboss:20190928055518j:image

パワステオイルって実は無交換でも、ほとんど問題ないと言われています。

汚れたパワステオイルは若干の粘度変化はするだろうけど、内部の部品を傷めるようなドロドロな状態になるわけでもないし、定期的に交換しないといけないのなら、ほとんどのパワステオイルラインにはオイルドレンが付いているはずです。

結論から言うと、パワステオイルは交換しなくても良いとは言い切れません。

何万キロも走行した車のパワステオイルは見た目も黒く汚れていくので、熱の影響や酸化などで劣化していくのは確実です。

しかし、個人差はあるかもですが、パワステオイルを交換しても何かしらの体感できる変化などは、ほとんど感じにくいと思います。

 


f:id:taiyaboss:20190928055541j:image

(⬆⬆⬆試しに抜いてみたパワステオイルはペットボトルに入れると真っ黒なのが分かります。)

 

 

パワステオイルはホンダ純正品

f:id:taiyaboss:20190926232656j:image

今回、使用したパワステオイルはホンダ純正品のパワステオイル4リッター缶です。

1回の交換では4リッターも使わないのですが、4リッター缶でもじゅうぶん安いので汚れが気になったら何回か交換すれば良いだけです。

 

パワステオイルの交換費用は?

f:id:taiyaboss:20190928055740j:image

パワステオイルの交換費用は工賃込みで3,000円~5,000円ほどの整備店が多いようです。

ただし、全量交換を完璧にする場合やパワステオイルラインにエアーが入っている場合は別途工賃が発生する場合もあるようです。

 

 

パワステオイルの値段

パワステオイルの値段ですが、せいぜいリッター1,000円ほどの製品がほとんどです。

(もっと安い商品もありますが…💧)

 

 

パワステオイルはATFでも良いのか?

f:id:taiyaboss:20190928055710j:image

「パワステオイルの成分はATF(オートマチック・トランスミッション・フルード)とほとんど同じだからATFを入れても良いのでは?」

との声をよく聞きますが、確かにATFと同じものを使用している車もあります。

しかし、パワステオイルに使われているオイルはパワステライン専用の指定オイルを使用した方がよいでしょう。

万が一、オイルの沸点温度の違いなどでハンドルが急に軽くなりすぎたりしたら、事故に繋がるかもしれません。

 

パワステオイルの交換方法

f:id:taiyaboss:20190926232805j:image

パワステオイルの交換方法はパワステラインの一番低い位置にあるホースを外してオイルを抜くか、オイルタンクのキャップを開けてスポイトやオイルチェンジャーで「チューチュー」抜くかの方法のどちらかになると思います。

ただし、下の方からオイルを抜くとオイルラインにはエアーが入るため、エアーを完璧にぬいてやる作業が必要になるのが面倒かと思います。

 

多くの場合はタンクの中のパワステオイルをオイルチェンジャーなどのノズルで吸いだして新しいオイルを入れて循環させながら交換する方法で作業しているところがほとんどだと思います。

 

吸いだして交換する手順は、

  1. タンクのキャップを開けて吸いだして廃油はペットボトルなどに入れる。(オイルチェンジャーが無ければ、スポイトでも何でもよい。)
  2. ペットボトルに抜いた分量の新しいパワステオイルを入れたいところだが、オイルタンクのロアーレベル位まで新しいパワステオイルを入れる。
  3. エンジンを掛けずにハンドルを左右に目一杯切るを何回か繰り返す。
  4. オイルタンクのオイル量を確認する。減っていればロアーレベルより少し上ぐらいまでパワステオイルを足す。
  5. エンジンを掛けて、パワステオイルをさらに循環させるためハンドルを左右にきる動作を何回か繰り返す。
  6. エンジンを止めてタンクのオイル汚れを確認しながらスポイトなどでオイルを抜く。
  7. 新しいパワステオイルを入れる。
  8. 汚れ具合を見ながら手順4~7を3、4回繰り返す。(完全に新品オイルに入れ換えるのは不可能なので多少の汚れがあっても妥協するのも大事。あまり神経質にならない。)

 

パワステオイルの量はどのくらい?

f:id:taiyaboss:20190926232848j:image

使用するパワステオイルの量ですが、車種ごとのタンクの容量やオイルラインの容量によって異なります。

ですが、タンクのオイルを抜いて新品オイルを足す作業を3、4回繰り返しても、抜けるパワステオイルの量はせいぜい500mlペットボトル2本分ぐらいです。

ですので、パワステオイルの量は約1リッターも有れば良いと思います。

 

パワステオイルクーラーとは?

パワステオイルクーラーなる部品が付いている車種もあります。

主に素早いハンドル操作を要求されるスポーツカータイプの車に付いているのが多いようです。

パワステオイルクーラーの目的は温度上昇によるパワステオイルの熱ダレを防止するために付けられています。

 

パワステオイル漏れを放置するとどうなるのか?

f:id:taiyaboss:20190928060112j:image

車種によってはパワステオイルラインからのオイル漏れというのは、かなりの頻度で起こります。

パワステオイル漏れを放置すると

  1. パワステオイルラインからの異音がする
  2. ハンドル操作が重たく感じるようになる
  3. 最悪の状態はハンドル操作が出来なくなる

など、危険な状態にしかならないのは明らかなのでパワステオイル漏れを発見したらすみやかに修理しましょう。

 

まとめ【結論、体感できる変化はない】

少なくとも私は、パワステオイルを交換しても体感できる変化は感じることが出来ませんでした。

ハンドルを目一杯切ったときに『ウィーン』と聞こえる音が、少しだけ小さくなったかなあ?という程度の違いしか感じませんでした。

パワステオイルの交換は『見た目がきれいになったし汚れているよりは安心。』という気持ちの変化の方が大きいのかもしれません。